筋筋膜性腰痛症とは?

いわゆる「腰痛症」と呼ばれるもので、腰の筋肉の過剰な緊張や、それに伴う筋膜の損傷により起こる腰痛のことをいいます。長時間の無理な姿勢やスポーツなどによる急激な腰への負荷が主な原因であり、骨や関節には異常が見られないのが特徴です。一般的な腰痛の症状のうち約80%は筋筋膜性腰痛症によるともいわれており、俗に「ギックリ腰」と呼ばれるものは、急性の筋筋膜性腰痛症であることがほとんどです。

筋筋膜性腰痛症の原因

仕事やスポーツなどでの無理な体勢によって腰の筋に過剰な負担がかかる場合に発症すると言われてます。症状は腰痛や圧痛、運動時痛です。慢性の場合は、主に使いすぎ(オーバーユース)によって腰背筋群の緊張が高まることによる疲労が原因となります。
スポーツ活動では、野球での投球やスイングのような腰にひねりを加える動作をおこなうスポーツ全般の動作で発生しやすい傾向にあります。また前傾姿勢をとる姿勢やジャンプによる着地時の衝撃なども腰に負担のかかる激しい動作となり、筋筋膜性腰痛症の原因となります。

筋筋膜性腰痛症の治療

筋筋膜性腰痛は鍼灸治療での効果が高く、早期に改善することができます。ただし、椎間板ヘルニア腰椎分離症との鑑別をしっかりすることが重要となります。当院では、圧痛部位や筋緊張などを触診し、腰椎の可動域や理学的な検査、神経学的な反射などの徒手検査をおこなった上で治療にあたらせていただきます。また、今後の再発予防のために、姿勢指導やセルフケアなどのアドバイスもさせていただきます。

TOP
TOP