腰痛でお悩みの方へ

腰痛の原因には、椎間板によるもの、脊柱の構築上の異常によるもの、加齢に関するもの、軟部組織によるもの、炎症性のもの、外傷によるもの、腫瘍によるもの、内臓の関連痛によるもの、心因性のものなど数多くの原因があります。腰痛といってもその原因はひとそれぞれです。身長体重、仕事や生活環境が異なれば根本原因が全員同じはずはありません。当院では整形外科的検査・筋力検査・知覚検査等により、細かな分析をおこない、広い視点から本当の原因を追求します。

整形外科や他の治療院に通院しているが、なかなか改善されずお困りの方へ

前述しましたが画像検査で異常が発見されない腰痛は全体の85%を占めています。言い換えれば、画像検査では15%の腰痛しか原因がわからないのが現状です。また、画像検査で原因が特定されたとしても本当にそれが痛みを引き起こしているのかという疑問もあります。腰椎椎間板ヘルニアにおいては壮年期の方であれば腰痛がなくても76%の人にMRI上の椎間板ヘルニアが認められます。これはつまり、椎間板ヘルニアと診断されたからといって本当にヘルニアが原因で腰痛が起こっているのかは画像診断だけでは判断しきれないということです。手術をしてヘルニアを取り除いたにもかかわらず、症状が改善されなかったという人の本当の腰痛の原因は他にあったということになります。腰痛には様々な原因があり、画像診断でわかるものはほんのわずかです。よってしっかりと触診し身体の機能を検査して根本的な原因を探る必要があります。それは首に原因があるかもしれないし、足関節に原因があるかもしれません。または内臓の炎症によるものや婦人科疾患による腰痛という可能性も考えられます。当院は画像検査だけでは発見できない全体の85%の腰痛を得意としている治療院です。ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断され通院するも、なかなか改善されずお悩みの方は是非一度ご相談ください。腰痛痛様々な原因がある中で身体全体の仕組みからひとつひとつ紐解いていき、原因を追求していきま

腰痛を引き起こす主な疾患について

椎間板ヘルニア

腰椎の椎間板の中にある髄核という部分が突出して神経を圧迫することによって、腰痛や下肢の放散痛(痛みやしびれなどの坐骨神経痛など)を引き起こす疾患です。

急性腰痛症(ぎっくり腰)

重たいもの運ぶなど身体の前屈や捻転時に起きることが多く、突然腰部に痛みが生じます。関節の捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいい、欧米では症状が強烈なため「魔女の一撃」と呼ばれています。

脊柱管狭窄症

様々な原因によって背骨にある脊柱管や椎間孔が狭くなり、神経を圧迫することで腰痛や腰痛や下肢の放散痛(痛みやしびれなどの坐骨神経痛など)を引き起こす疾患です。しばらく歩行すると疼痛やしびれが強くなり座って休むと楽になるのが特徴です。

脊椎分離症・脊椎分離すべり症

疲労骨折などによって、椎骨が椎弓の関節突起間部で分離したものを脊椎分離症といい、さらに分離した椎体が前方へずれたものを脊椎分離すべり症といいます。成長期のスポーツ選手に比較的多い腰痛です。

変性脊椎すべり症

老化によって椎間板や椎間関節が不安定になり、椎骨が前方へずれてしまう疾患です。40歳以上の女性に多く、加齢やホルモン分泌異常などの関与が原因だと考えられています。

脊柱側弯症

背骨が側方へ弯曲する疾患です。椎骨が変形している構築性脊柱側弯症と原因を取り除けば速やかに改善できる機能性脊柱側弯症があります。

変形性腰痛症

椎間板の変性を中心とした脊椎の退行性変化がおこることで慢性的な腰痛や可動域制限を伴う疾患です。進行すると神経症状を引き起こす場合もあります。

筋膜性疼痛症候群(MPS)

筋肉を包む筋膜の重積・癒着が原因となって、腰痛や肩こりなどの慢性疼痛を引き起こす疾患です。ぎっくり腰や肩こりの一部もこれに含まれます。X線検査や血液検査で異常がみられませんが、超音波(エコー)検査で診断が可能です。トリガーポイントとよばれる発痛点が存在し、強く圧迫することで特定の部位に放散痛がみられます。

当院の施術について

画像検査で異常が発見されない腰痛は全体の85%を占めています。言い換えれば、画像検査では15%の腰痛しか原因がわからないのが現状です。よって画像検査だけに頼るのではなく、しっかりと触診し身体の機能を検査して根本的な原因を探る必要があります。当院は画像検査だけでは発見できない全体の85%の腰痛を得意としている治療院です。ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断され通院するも、なかなか改善されずお悩みの方は是非一度ご相談ください。身体全体の仕組みからひとつひとつ紐解いていき、腰痛の原因を追求していきます。

 

施術のながれ

検査カウンセリング

医学的根拠に基づく知識を駆使し、腰痛の原因を特定します。
当院では姿勢分析器を用いることで身体の歪みを数値化し、客観的に状態を把握していただきます。

施術ご提案

腰痛を改善するための最適な施術方法、プランをご提案します。骨格模型やタブレットでイメージしていただきながら分かりやすく説明いたします。

施術

検査結果に基づいて、一人ひとりにの腰痛に合わせた施術をおこないます。

アフターアドバイス

施術後の状態の確認やこれからの施術プラン、日常で気をつけていただきたいことなどをご提案いたします。

PROFILE

鍼灸整体師  永松達樹
治療院・病院に勤務後、2013年に京都の山科駅前にて開院。痛みや痺れなど難治性の慢性疼痛をはじめ、美容やスポーツにおいて幅広い分野で活動している。自身も社会人フットサルで全国大会優勝、全国大会得点王の経験をもつ。京都で治療院を営む一方で、京都を中心に自宅や企業への往診活動、技術指導などをおこなう。

INFORMATION

京都市山科区竹鼻竹ノ街道町56 エクセレント山科505
JR山科駅 徒歩3分 地下鉄山科駅4番出口から徒歩2分
名神高速道路 京都東IC から車で5分

TOP
TOP