こんにちは。

京都は今日からまた一段と冷え込んできましたね。紅葉もすっかりおわりもう山科の毘沙門さんに観光の人たちが少くなってきた頃ですね。

今日は新しく整体院や鍼灸院をはじめようって人向けです。

タイトルの通り〇〇専門院っていうのは必須になってきます。

例えば、腰痛専門院、肩こり専門院、頭痛専門院みたいな感じですね。最近だと上記のような整体院が増えてきました。京都でも〇〇専門院がだいぶ増えてきましたね。

これ、なぜいいのか?

あなたが腰痛に悩んでたとして、ネットで検索すると、

どんな症状でも解決します!という治療院と、

腰痛専門20年の治療院です!という2つがでてきたとしたらだいたいの人は後者を選びます。

これから開業する人は患者さんが来てくれなければ、経営が続かないし、紹介すらしてもらえません。

だから〇〇専門院として開業すれば他に埋もれてしまうことなく集客できる可能性は少なからず高くなります。

ただ、もうかなりそのようなマーケティングをしている整体院や鍼灸院などがでてきているので、これからはもっとニッチなヘルニア専門員とか腱鞘炎専門なんかのほうがやりやすいかもしれませんね。もちろんちゃんと改善できるチカラがあることが前提です。

治療院が乱立しているこの時代で新規開業して自分の治療院を選んでもらうためにはいろいろな工夫が必要になります。ただ1人治療院の人はある程度のところまできたらネット集客を頑張るのはやめましょうね。頑張って紹介してもらえるように頑張りましょう。勉強する時間を割いてネットにチカラを入れすぎると本末転倒です。

京都山科 永松鍼灸整体院