頸椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板の加齢などの退行変性に基づく線維輪断裂からの髄核脱出で、神経を圧迫する疾患です。髄核が脱出すると周囲に炎症反応が生じ、疼痛や神経症状が引き起こされます。30代~50代の男性に多く、下位頚椎の椎間板に好発します。原因として不良姿勢、遺伝的素因や加齢、喫煙などがあげられます。上を向くように首を後屈すると症状が強くなることが多く、可動域制限を伴います。

頸椎椎間板ヘルニアの症状

  • 首や肩、腕にしびれや痛みがある
  • 首の後ろ側が痛い
  • 手指のしびれ
  • 首が動かしづらくなる
  • お箸が持ちにくい
  • 服のボタンが上手くかけられない
  • 足のもつれなど歩行障害がある

頸椎椎間板ヘルニアの種類

椎間板ヘルニアは髄核の脱出の程度によって、大きく4つに分類されます。 下記の③髄核脱出④髄核分離においては高い確率で2~3ヶ月すると自然退縮します。

分類 概要
①膨隆 髄核の全体または一部の膨隆があるが線維輪の断裂や後縦靭帯の穿破はみられない状態。
②突出 線維輪の部分断裂により髄核が突出するが、後縦靭帯の穿破はみられない状態。
③脱出 線維輪の完全断裂により髄核が突出している状態で、後縦靭帯の穿破を伴うものと伴わないものがある。
④分離 線維輪が完全断裂し、髄核が遊離して脊柱管へ移動し、縦後靭帯は穿破された状態。

※穿破・・・医学用語で壁を貫いて、どこかの腔まで貫くことをいいます。この場合は脊柱管まで後縦靭帯を貫くことを指します。

当院の施術について

当院での治療は椎間板ヘルニアの程度によって柔軟に対応します。基本的には障害がある部位を特定し、その神経に関連する筋肉や経穴(ツボ)に刺鍼します。また、東洋医学をベースに全体的なバランスを整えるために腕や足にある経穴を用いて治療をおこないます。さらに、手技で椎間板を操作することで早期に症状を改善します。頚椎椎間板ヘルニアになった本当の原因を探し出し、今後の再発防止も含めた治療をおこないます。

施術のながれ

検査カウンセリング

医学的根拠に基づく知識を駆使し、お悩みの原因を特定します。
当院では姿勢分析器を用いることで身体の歪みを数値化し、客観的に状態を把握していただきます。

施術ご提案

状態を改善するための最適な施術方法、プランをご提案します。骨格模型やタブレットでイメージしていただきながら分かりやすく説明いたします。

施術

検査結果に基づいて、一人ひとりに合わせた施術をおこないます。

アフターアドバイス

施術後の状態の確認やこれからの施術プラン、日常で気をつけていただきたいことなどをご提案いたします。

PROFILE

鍼灸整体師  永松達樹
治療院・病院に勤務後、2013年に京都の山科駅前にて開院。痛みや痺れなど難治性の慢性疼痛をはじめ、美容やスポーツにおいて幅広い分野で活動している。自身も社会人フットサルで全国大会優勝、全国大会得点王の経験をもつ。京都で治療院を営む一方で、京都を中心に自宅や企業への往診活動、技術指導などをおこなう。

予約フォーム

    当院のご利用は初めてですか?
      はい(初診料 3,000円)いいえ

    希望コース(必須)
    基本調整コース 6,000円応用調整コース 8,000円全身調整コース11,000円美容鍼灸コース 12,000円美容整体コース11,000円産後骨盤矯正コース 6,000円

    INFORMATION

    京都市山科区竹鼻竹ノ街道町56 エクセレント山科505
    JR山科駅 徒歩3分 地下鉄山科駅4番出口から徒歩2分
    名神高速道路 京都東IC から車で5分

    TOP