産後の骨盤矯正について

妊娠中はホルモンによって骨盤を固定している靭帯が緩み、骨盤を広げ、胎児を育みます。広がった骨盤は産後すぐに戻るものではなく、時間をかけてゆっくりと戻り、個人差はありますが約3年でもとの状態に戻るとされています。しかし、骨盤の形は日頃の動き、くせなど日常生活が大きく関係します。特に産後は赤ちゃんをだっこする、おむつ替え、授乳など骨盤に負担がかかることが多くなります。産後は育児に専念するのは当然ですが「産後の肥立ち」というくらい、産後のケアは重要で、その後の生活に大きく影響します。

このような方におすすめです

  • 産後の骨盤をキレイに整えたい
  • 出産後に腰痛、股関節痛で悩まされている
  • 骨盤に歪みがないか心配だ
  • 産後の身体のケアをしたい
  • 産後の生活習慣についてアドバイスを受けたい
  • 骨盤のセルフケア方法を教えてほしい
  • 育児疲れで心も身体も癒したい

なぜ産後の骨盤矯正が必要になるのか

産後は骨盤が元の大きさに戻りるまでに、左右前後に歪みのないように固定される必要があります。歪んだまま固定されると腰痛はもちろんのこと、生理痛や不妊症、冷え症、むくみ、肩こり、便秘など多くの症状を起こます。産後の腰痛で特に多いのが、朝起きたときにしばらく動けない痛みです。ただ日中は比較的痛みを感じることが少ないのも特徴です。産後2ヶ月頃から、骨盤を緩めるホルモンが減少しはじめ骨盤が固定してきます。この時期がとても重要で、骨盤を健康な状態に保つため、産後はしっかりと骨盤のケアを続ける事が必要です。骨盤が緩んでる(骨が動きやすい)あいだに骨盤を整え、それを維持することが必要になります。

施術を開始する時期について

産後の身体は出産によりとてもデリケートな状態ため、より繊細で優しい施術をおこないます。出産後は赤ちゃんとへその緒でつながっていた胎児循環から血液の流れが戻りますので、施術をはじめるのはお身体への負担を考慮して産後2ヶ月からとなります。

お子様連れの方へ

当院は完全個室でベビーベッド(ベビーサークル)をご用意しておりますので、赤ちゃんと一緒にお越しいただけます。ご利用の際は予約時にお伝えください。