このような症状でお悩みの方

  • 臀部から下肢にかけてのしびれや疼痛がある
  • 下肢の脱力
  • しばらく歩くと疼痛やしびれが生じ、前かがみで休むと回復する
  • 肛門周囲のほてり、尿もれ、尿の出が悪いなどの膀胱直腸障害がある

このような症状がでている場合は、「脊柱管狭窄症」の可能性があります。

脊柱管狭窄症とは?

様々な原因によって腰部の脊柱管や椎間孔が狭くなり、神経組織を圧迫することで起こります。圧迫部位の阻血や脳脊髄液の還流不全を起こすために神経組織が栄養不良をきたすことで、神経症状を呈する症候群です。腰で発生することが最も多い、次いで頸部に多い疾患です。加齢による変形で生じることが多く、50歳以上の中高年者に多くみられます。ただし、意しなければいけないのは症状を引き起こしている原因が臀部の筋(筋膜)の場合でも似たような症状を引き起こすため、脊柱管狭窄の手術をしても改善されないケースがあります。このような筋筋膜の異常はレントゲンやMRIなどの画像診断では写りません。当院では高度な分析のもとで、原因となる部位へ正確にアプローチをおこなうことで症状は改善していきますので、もし手術をするか悩まれている方は手術をされる前に是非一度ご相談ください。

原因

加齢により、変性脊椎すべり症や変形性脊椎症(骨棘)などの退行性変性によるものが多く、そのほかには骨代謝疾患や先天性、医原性のものなどが原因となります。

当院の治療は?

まず、既往歴や症状が生じてからの推移など詳しくヒアリングし、姿勢の異常や動作分析をおこないます。そして、圧痛部位や筋緊張などを触診し、腰椎の可動域や理学的な検査、神経学的な反射などの徒手検査をおこない、体の状態をわかりやすく説明させていただきます。(必要であれば医療機関での画像診断や臨床検査をすすめる場合もございます。)検査の結果をもとに、あなたの状態に合わせた最適な治療プランを提案させていただきます。また、今後の再発予防のために、姿勢指導やトレーニングなど多方面からのアドバイスもさせていただきます。