このような症状でお悩みの方

  • 腰痛に似たような痛み
  • 腰から足にかけて激痛が走る
  • 腰から足にかけて痺れがある
  • 前かがみになると痛みが強くなる
  • 足の筋力の低下
  • 会陰部にしびれや灼熱感がある

このような症状がある場合、あなたは「腰椎椎間板ヘルニア」の可能性があります。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板という箇所が突き出てしまい、脊髄の神経や血管などが圧迫するため腰痛が起き、坐骨神経の放散痛などを伴う疾患です。腰椎椎間板ヘルニアは20〜50代の男性に多く、お仕事やスポーツなどで積み重なった腰への負担が発症の原因となります。圧迫された神経根が支配する皮膚領域に知覚変化が起きるのも特徴のひとつです。症状が重度になりますと、歩行障害などにもつながります。MRIなどの画像診断で椎間板ヘルニアの疑いがあるとしても、症状が本当にヘルニアから生じてるのかを正確に鑑別する必要があります。

椎間板ヘルニアの種類

椎間板ヘルニアは髄核の脱出の程度によって、大きく4つに分類されます。
下記の③髄核脱出④髄核分離においては高い確率で2〜3ヶ月すると自然退縮します。

分類 概要
①髄核膨隆 髄核の全体または一部の膨隆があるが線維輪の断裂や後縦靭帯の穿破はみられない状態。
②髄核突出 線維輪の部分断裂により髄核が突出するが、後縦靭帯の穿破はみられない状態。
③髄核脱出 線維輪の完全断裂により髄核が突出している状態で、後縦靭帯の穿破を伴うものと伴わないものがある。
④髄核分離 線維輪が完全断裂し、髄核が遊離して脊柱管へ移動し、縦後靭帯は穿破された状態。

※穿破・・・医学用語で壁を貫いて、どこかの腔まで貫くことをいいます。この場合は脊柱管まで後縦靭帯を貫くことを指します。

当院の腰椎椎間板ヘルニアの治療について

まず、既往歴や症状が生じてからの推移など詳しくヒアリングし、姿勢の異常や動作分析をおこないます。そして、圧痛部位や筋緊張などを触診し、腰椎の可動域や理学的な検査、神経学的な反射などの徒手検査をおこない、体の状態をわかりやすく説明させていただきます。治療は鍼灸と整体を併用しておこない、鍼治療においては電気鍼をしていきます。(鍼が苦手な方は手技のみで改善していきますので施術前にお伝えください。)さらに整体手技でヘルニアの圧迫部位をズラすことによって早期に症状を回復させていきます。また、今後の再発予防のために、姿勢指導やトレーニングなど多方面からのアドバイスもさせていただきます。