このような症状でお悩みの方

  • 臀部の圧痛や下肢痛などの坐骨神経症状がある
  • 股関節を内側へまわす(内旋)と症状が悪化する
  • スポーツ競技中に下肢の脱力感がある

このような症状がある場合、あなたは「梨状筋症候群」の可能性があります。

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群は、坐骨神経が骨盤から下肢に続く出口のところで梨状筋によって圧迫・絞扼されることにより生じる絞扼性神経障害です。梨状筋は、第2〜4仙椎の前面、坐骨切痕上縁、仙結節靭帯から起こり、大腿骨大転子内側の梨状窩に停止する筋肉です。坐骨神経は梨状筋の下を通って大腿後面へ出て下肢へと続くため、梨状筋によって坐骨神経が傷害されると坐骨神経に沿った放散痛や臀部痛・下肢痛などが生じます。

梨状筋症候群の検査方法

梨状筋症候群かどうか判別するための代表的な検査方法をご紹介します。

K.ボンネットテスト
痛みのある方の股関節と膝関節を屈曲させて、足を反対の膝の外側まで移動させる(股関節内転)。痛みのある方の膝を押さえて内側へ倒していく。症状が出れば陽性。

梨状筋症候群の治療

まず局所的な治療として過緊張状態の梨状筋を緩めることを目的に、直接梨状筋へアプローチをおこない症状の程度によっては低周波鍼通電刺激をおこなっていきます。そして、梨状筋が緊張した根本的な原因を探り出しそれらのバランスを整えていくことで再発しにくい状態へと改善していきます。お仕事などでなかなか通院に間が空く場合は、貼り付けておく小さな鍼(円皮鍼など)を利用して効果を持続させるようにします。お困りの方は是非一度ご相談ください。