このような症状でお悩みの方

  • 慢性的な腰痛がある
  • 動作時に腰痛が激しくなる
  • 背骨の動きが悪く、可動域が狭い
  • 姿勢が歪んでいる

このような症状がある場合、あなたは「変形性腰痛症」の可能性があります。

変形性腰痛症とは?

加齢による椎間板の退行性変性により、椎体の骨棘形成や椎間関節の変性、靱帯の肥厚がおこり、次第に椎骨の変形および脊椎の可動性が減少し、神経組織に影響を及ぼしている状態の総称をいいます。腰椎の変性疾患の代表であり、中高年の腰痛の多くを占めており、腰椎の変形によって脊柱管狭窄症変性脊椎すべり症などの症状を引き起こします。

変形性腰痛症の治療

変形性腰痛症は椎間板の変性による腰椎機能の変化や、それに伴う骨格の変化などに起因する腰や臀部のへの負担が増すことによって腰痛が生じます。また、骨棘による神経圧迫によって起こる神経症状も生じます。したがって、まず検査をおこない、症状の原因となっているところを特定します。治療は、症状のある部位をはじめ、腸腰筋部へのアプローチや、腰部の骨格異常による全身の変化に対応した施術をおこなうことが必要になります。神経症状がでている場合は電気鍼を用いるなど、症状や状態に応じて治療計画を立てた上で根本的解決に向けた治療をおこなっていきます。