ぎっくり腰とは?

急性腰痛症のことで俗称として”ぎっくり腰”と呼ばれています。前かがみや前かがみで物を持つことなどの動作(例えば、顔を洗うときや靴を履くときなど)や腰の急な捻転によって起こる急性腰痛のことで、周囲の筋肉や靭帯の損傷、筋膜性炎症などの症状を言います。急激に痛みが発生し、症状の重いものだと歩くのも困難になるので欧米ではその病態から”魔女の一撃”とも呼ばれています。

ぎっくり腰になる原因とは?

急に発生するのでそのときの行動が原因だと思いがちですが、それは痛みが生じたきっかけにすぎません。これまでの姿勢不良や筋疲労の蓄積、外的な環境要因などのいくつもの要因が重なって起きます。普段からの生活習慣がとても重要になるので、度ギックリ腰になった人は再発防止のために生活習慣を見直す必要があります。

 

ぎっくり腰になってから当院へお越しいただくまでの対処方法

まずは、腰に負担がかからないような楽な姿勢をとります。膝を軽く曲げる、横向けになる、クッションを利用するなどとにかく楽な姿勢を探してください。次に、痛みの部位を触り他のところより熱がある場合はすぐに冷やしてできるだけ安静にしてください(凍傷には十分に注意すること)。注意点として、患部へのマッサージは炎症をより悪化させる原因となりますので強く揉んだりすることは決してしないようにしてください

ぎっくり腰の治療

まず腰痛の原因を分析し、他の腰痛疾患を除外するための検査をおこないます。当院では基本的には手技にくわえ、即効性がある鍼治療を用います。ギックリ腰ズレてしまった骨を正しい位置に戻すことにより早期改善をおこなうことが可能です。基本的に安静にしていれば1ヶ月以内に改善しますが、仕事などどうしても身体を休めることのできない状況の方や早く苦しい痛みから解放されたい方は当院へお越しください。

ぎっくり腰の再発予防

一度ぎっくり腰になってしまった人の1年以内の再発率は約25%といわれています。ギックリ腰でもっとも重要なのは再発予防ケアです。ぎっくり腰になりやすい方は腰椎が後弯している特徴があります。これは長時間のデスクワークや車の運転、柔らかいソファでの姿勢不良などで徐々に骨が変形してきます。長年、腰痛を繰り返しているという人は少しずつ変形してきているはずです。当院では再発防止のために骨盤矯正や腰椎の矯正をおこないぎっくり腰が再発しにくい身体へと調整していきます