【目次】
腰痛とは?
腰痛の原因について
整形外科に通院しているが、なかなか改善されずお困りの方へ
腰痛を引き起こす疾患について
腰痛を引き起こすその他の原因について
当院の腰痛治療について

腰痛とは?

ぎっくり腰のような急に起こる腰痛や慢性的な腰痛まで、老若男女問わず幅広く悩まれている方がいらっしゃいます。厚生労働省が毎年実施している国民生活基礎調査では「普段感じている自覚症状」として男性は第1位、女性は肩こりに次いで第2位となっています。およそ日本人の10人に1人が腰痛に悩まされているのです。腰痛全体の85%は、レントゲンなどの画像検査では腰に明らかな異常がみられない腰痛症(非特異的腰痛)といわれています。また、内臓病などの内科的疾患が原因の腰痛は、腰痛全体の1-2%くらいだといわれています。私たちは日常生活において様々な姿勢や動作によって腰に負担をかけています。腰と骨盤の境目部分には全体重の60%の負荷がかかり、腰を前に曲げるとその負荷は約4倍になります。寝ているときでさえ少ないですが、腰に負担がかかっています。様々な要因が重なって引き起こされる腰の痛みを改善するには、まず原因を追求しなければいけません。

腰痛の原因について

腰痛の原因には、椎間板によるもの、脊柱の構築上の異常によるもの、加齢に関するもの、軟部組織によるもの、炎症性のもの、外傷によるもの、腫瘍によるもの、内臓の関連痛によるもの、心因性のものなど数多くの原因があります。腰痛といってもその原因はひとそれぞれです。身長体重、仕事や生活環境が異なれば根本原因が全員同じはずはありません。当院では整形外科的検査・筋力検査・知覚検査等により、細かな分析をおこない、広い視点から本当の原因を追求します。消化器系や婦人科系検査などの専門医の診察が必要と思われる場合は、他の医療機関での受診をすすめることもあります。専門用語をできるだけ使わずに、具体的でわかりやすい納得のいく説明を心がけております。

整形外科や他の治療院に通院しているが、なかなか改善されずお困りの方へ


前述しましたが画像検査で異常が発見されない腰痛は全体の85%を占めています。言い換えれば、画像検査では15%の腰痛しか原因がわからないのが現状です。また、画像検査で原因が特定されたとしても本当にそれが痛みを引き起こしているのかという疑問もあります。腰椎椎間板ヘルニアにおいては壮年期の方であれば腰痛がなくても76%の人にMRI上の椎間板ヘルニアが認められます。これはつまり、椎間板ヘルニアと診断されたからといって本当にヘルニアが原因で腰痛が起こっているのかは画像診断だけでは判断しきれないということです。手術をしてヘルニアを取り除いたにもかかわらず、症状が改善されなかったという人の本当の腰痛の原因は他にあったということになります。腰痛には様々な原因があり、画像診断でわかるものはほんのわずかです。よってしっかりと触診し身体の機能を検査して根本的な原因を探る必要があります。それは首に原因があるかもしれないし、足関節に原因があるかもしれません。または内臓の炎症によるものや婦人科疾患による腰痛という可能性も考えられます。当院は画像検査だけでは発見できない全体の85%の腰痛を得意としている治療院です。ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断され通院するも、なかなか改善されずお悩みの方は是非一度ご相談ください。腰痛様々な原因がある中で身体全体の仕組みからひとつひとつ紐解いていき、原因を追求していきます。

腰痛を引き起こす主な疾患について

椎間板ヘルニア
腰椎の椎間板の中にある髄核という部分が突出して神経を圧迫することによって、腰痛や下肢の放散痛(痛みやしびれなどの坐骨神経痛など)を引き起こす疾患です。

急性腰痛症(ぎっくり腰)
重たいもの運ぶなど身体の前屈や捻転時に起きることが多く、突然腰部に痛みが生じます。関節の捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいい、欧米では症状が強烈なため「魔女の一撃」と呼ばれています。

脊柱管狭窄症
様々な原因によって背骨にある脊柱管や椎間孔が狭くなり、神経を圧迫することで腰痛や腰痛や下肢の放散痛(痛みやしびれなどの坐骨神経痛など)を引き起こす疾患です。しばらく歩行すると疼痛やしびれが強くなり座って休むと楽になるのが特徴です。

脊椎分離症・脊椎分離すべり症
疲労骨折などによって、椎骨が椎弓の関節突起間部で分離したものを脊椎分離症といい、さらに分離した椎体が前方へずれたものを脊椎分離すべり症といいます。成長期のスポーツ選手に比較的多い腰痛です。

変性脊椎すべり症
老化によって椎間板や椎間関節が不安定になり、椎骨が前方へずれてしまう疾患です。40歳以上の女性に多く、加齢やホルモン分泌異常などの関与が原因だと考えられています。

脊柱側弯症
背骨が側方へ弯曲する疾患です。椎骨が変形している構築性脊柱側弯症と原因を取り除けば速やかに改善できる機能性脊柱側弯症があります。

変形性腰痛症
椎間板の変性を中心とした脊椎の退行性変化がおこることで慢性的な腰痛や可動域制限を伴う疾患です。進行すると神経症状を引き起こす場合もあります。

筋膜性疼痛症候群(MPS)
筋肉を包む筋膜の重積・癒着が原因となって、腰痛や肩こりなどの慢性疼痛を引き起こす疾患です。ぎっくり腰や肩こりの一部もこれに含まれます。X線検査や血液検査で異常がみられませんが、超音波(エコー)検査で診断が可能です。トリガーポイントとよばれる発痛点が存在し、強く圧迫することで特定の部位に放散痛がみられます。

腰痛を引き起こすその他の原因について

ホルモンバランスの崩れやビタミン・ミネラルなどの欠乏が腰痛を誘発する要因となります。また、不規則な食生活や不十分な水分摂取、喫煙やアルコールの過剰摂取、薬の副作用なども腰痛を引き起こす原因となるので注意が必要です。

当院の腰痛治療


まず、既往歴や症状が生じてからの推移など詳しくヒアリングし、姿勢の異常や動作分析をおこないます。そして、圧痛部位や筋緊張などを触診し、腰椎の可動域や理学的な検査、神経学的な反射などの徒手検査をおこない、体の状態をわかりやすく説明させていただきます。検査の結果をもとに、あなたの状態に合わせた最適な治療プランを提案させていただきます。また、今後の再発予防のために、姿勢指導や食事指導などの多方面からのアドバイスもさせていただきます。