症状別TREATMENT

  1. 腰痛

    腰痛の原因には、椎間板によるもの、脊柱の構築上の異常によるもの、加齢に関するもの、軟部組織によるもの、炎症性のもの、外傷によるもの…

  2. 梨状筋症候群

    梨状筋症候群は、坐骨神経が骨盤から下肢に続く出口のところで梨状筋によって圧迫・絞扼されることにより生じる絞扼性神経障害です。梨状筋…

  3. 変形性腰椎症

    加齢による椎間板の退行性変性により、椎体の骨棘形成や椎間関節の変性、靱帯の肥厚がおこり、次第に椎骨の変形および脊椎の可動性が減少し…

  4. 腰部脊柱管狭窄症

    この疾患は長い距離を歩くことができません。腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静時はあまり症状がありませんが、背筋を伸ばし…

  5. ぎっくり腰

    急性腰痛症のことで俗称として”ぎっくり腰”と呼ばれています。前かがみや前かがみで物を持つことなどの動作(例えば、顔を洗うときや靴を…

  6. 腰椎分離症/分離すべり症

    疲労骨折などにより背骨の一部が分離してしまうものをいい、さらに分離した骨が前方へずれたものを脊椎分離すべり症といいます。日本人男性…

  7. 筋筋膜性腰痛症

    いわゆる「腰痛症」と呼ばれるもので、腰の筋肉の過剰な緊張や、それに伴う筋膜の損傷により起こる腰痛のことをいいます。長時間の無理な姿…

  8. 腰椎椎間板ヘルニア

    腰椎椎間板ヘルニアは椎間板という箇所が突き出てしまい、脊髄の神経や血管などが圧迫するため

手・足

  1. 外反母趾

    外反母趾とは、MTP関節(中足趾節関節という指の付け根の関節)での母趾の外反と、第1中足骨の内反によって、第1中足骨頭が内側へ飛び…

  2. 変形性股関節症

    変形性股関節症の特徴は、例えば、起き上がり時や立ち上がり時、歩き始めなど、動作に伴って太ももの前か横に痛みが出るのが特徴です。安静…

  3. ゴルフ肘

    ゴルフ肘は上腕骨内側上顆炎という疾患で、肘の内側に付着する筋肉や手首を動かす筋肉の反復動作によるオーバーワークが原因となって発症し…

  4. テニス肘

    テニス肘には2種類あり、肘の内側が痛むものと外側が痛むものがあります。一般的に「テニス肘」と呼ばれているのは片手でのバックハンドが…

  5. ドゥケルヴァン病

    短母指伸筋腱と長母指外転筋が伸筋腱腱鞘の第1区画を通過する部位で生じる腱鞘炎のことで、手をよく使う女性によく好発します。妊娠・出産…

  6. バネ指

    ばね指とは、腱鞘炎により腱鞘(腱を包む袋状の膜で腱の滑動を円滑にする)が肥厚するため、指の屈伸運動がなめらかに行えない状態をいいま…

  7. 変形性膝関節症

    変形性膝関節症は、膝の関節にある軟骨が徐々に摩り減って、骨が変形してしまう病気です。膝を動かすと痛んだり、膝の曲げ伸ばしができにく…