肩こり

自覚症状ランキング第1位

厚生労働省が毎年実施している国民生活基礎調査では「普段感じている自覚症状」として男性は腰痛に次いで第2位女性は第1位となっています。長い時間、デスクワークや家事などで首や背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、重たいカバンを肩にかけることや冷えなどからもおこります。人間の頭はボーリングの球と同じぐらい重いと言われており、頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に末梢血管の循環障害が起こるため生じます。ただし、肩こりといっても様々な疾患が原因の場合があるので要注意です。ただの肩こりだとおもって放っておくのではなく、身体の異変のサインだと感じることが大切です。

当院にお越しいただきたい方

  • パソコンやスマホを長時間使用される方
  • 手や腕が冷えやすい方
  • 日常的に運動習慣がない方
  • 腕をよく使う仕事やスポーツをされる方
  • 不眠やめまい、頭痛などの自律神経症状をお持ちの方
  • 1日の中で座っている時間が長い方
  • お薬や湿布薬でその場しのぎをしている方

まずは身体の土台を整える

肩こりを主訴とされる方の多くは猫背姿勢になっているのと同時に、身体の土台となる腰や骨盤部分の骨格が大きく歪んでいます。そのため肩こりだからといっていくら肩を治療してもその場しのぎになるだけでいつまでたっても改善されません。土台が崩れてしまっている方がいくら姿勢を正そうとしても無理な力が加わり、余計に肩まわりや背中の筋肉が疲れてしまいます。土台を矯正して整えることで首や肩のバランスが改善し肩こりになりにくい身体を手に入れることができます。

肩こりの治療について

日常の生活動作や行動習慣などもヒアリングし、体をあらゆる角度から分析検査することで肩こりの根本的な原因を追求します。猫背などの不良姿勢の改善はもちろんですが、辛い肩こりには頸椎や臓器疾患なども関与していることが多いため放っておくと重篤な状態にもなりかねません。ただの肩こりだと放置するのではなく、一度身体の状態を分析して「なぜ肩こりになるのか?」を知ることが重要になります。当院では肩こりの原因を追求し、根本的解決に向けた施術をおこないます。肩こりでお悩みの方は是非一度ご相談ください。

予約する

首・肩

  1. 肩こり

    厚生労働省が毎年実施している国民生活基礎調査では「普段感じている自覚症状」として男性は腰痛に次いで第2位

  2. 変形性頸椎症

    変形性頸椎症とは、首の骨と骨の間にある椎間板軟骨の老化などにより、椎間板の変性や骨棘形成(骨の変形)をきたした状態をいいます。中高…

  3. 胸郭出口症候群

    胸郭出口とは首と胸の間にある通路のことを呼び、鎖骨下動脈や腕神経叢(脊髄から出て来る第5頚神経から第8頚神経と第1胸神経から形成さ…

  4. 五十肩

    五十肩とはその名の通り50歳代を中心とした中年以降に多く発症し、運動時の肩の疼痛や安静時痛や夜間痛、着衣など日常生活に支障がでるよ…

  5. 頚椎椎間板ヘルニア

    頚椎椎間板の加齢などの退行変性に基づく線維輪断裂からの髄核脱出で、神経を圧迫する疾患です。髄核が脱出すると周囲に炎症反応が生じ、疼…