このような症状でお悩みの方

  • 数分から数時間のうちに聴力がはっきりと低下する。
  • 耳鳴りやめまいが同時におこる

このような症状がある場合、あなたは「突発性難聴」の可能性があります。

突発性難聴とは?

突発性難聴は中医学では暴聾(ボウロウ)といい、急に起きる感音性難聴です。いつ聴力が落ちたのかがわかるほど数分から数時間のあいだにはっきりと低下します。全く聞こえなくなることもあり、耳鳴りや目まいを伴うこともあります。突発性難聴の原因は不明ですが、ヘルペスウイルスや内耳の血液供給障害などが関係するといわれています。現代医学では感音性難聴に有効な治療法がないなか、中国では突発性難聴に対して鍼灸治療ブームが到来するほど治療において鍼灸が活用されてきました。

突発性難聴の治療

当院での難聴治療は、主に鍼と骨格矯正を用いた施術おこないます。症状の程度によっては鍼に電気を通すこともありますのでご相談のうえ施術をおこなわせていただきます。基本的には頚椎を調整し、耳の周囲の経穴(ツボ)を用いる局所治療をおこなうと同時に自律神経の乱れを整えるための全身治療もおこなっていきます。突発性難聴でお困りの方は是非一度ご相談ください。