難聴とは?

聴力が低下している状態を難聴といいます。耳の音を伝える機能の障害による伝音性難聴と、中枢側の障害である感音性難聴があります。さらに、両方の障害による混合性難聴もあります。伝音難聴の特徴は音を大きくすると聞こえやすくなります。また、感音難聴の特徴は音は言葉の判別がしにくく、音を大きくしても聞こえません。このように難聴といっても様々な原因や疾患によっておこるため、まずは状態を把握することが大切です。

伝音性難聴になる主な疾患

まずは現代医学による分類です。

  • 耳垢閉塞
  • 外耳道狭窄
  • 中耳炎
  • 耳硬化症
  • 耳管狭窄症
  • 耳管開放症
  • 外耳道異物
  • 鼓膜穿孔など

感音性難聴になる主な疾患

  • 内耳炎
  • 突発性難聴
  • メニエール病
  • 騒音性難聴
  • 老人性難聴
  • 聴神経鞘腫
  • 内耳梅毒
  • 耳神経腫瘍
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 多発性硬化症など

このように多くの疾患が難聴を引き起こす原因となります。これは現代医学的な分類ですが、疾患名こそつくものの、なぜ難聴になったのかの原因ははっきりしていないことがほとんでです。そのため治療法はお薬での対象療法となりその場しのぎの対応となっています。これに対して東洋医学ではあなたの身体の全体のバランスの崩れに難聴を引き起こす原因があると考えます。

耳鳴りとは?

外界から音の刺激がないのに感じる音の感覚を耳鳴りといいます。自分以外の第3者にも音が聞こえる振動性耳鳴り(他覚的耳鳴り)と、本人のみに聞こえる非振動性耳鳴り(自覚的耳鳴り)とがあり、ほとんどが自覚的耳鳴りです。耳鳴り患者さんの多くは、難聴・めまい・耳閉感などの耳の症状を同時に訴えます。耳の疾患による耳鳴りが多いのですが、高低血圧・脳血管障害・糖尿病・甲状腺腫などの全身疾患でもおこります。また、自律神経の障害や精神的な要因などから耳鳴りが生じることもあります。

耳鳴りを伴う耳の疾患

耳鳴りを伴う全身性の疾患

  • 代謝障害
  • 栄養障害
  • アレルギー
  • 高血圧
  • ホルモン障害
  • 心因性によるものなど

耳鳴りにおいても多くの原因疾患があり、通常の現代医学的な検査では疾患になった原因まではわからないことが多く、お薬などの対症療法と経過観察などが治療として考えられます。東洋医学では頚椎の歪みや腎精の消耗、胃などの消化器の虚弱によるものと考えられます。体全体のバランスの崩れによるもので耳鳴りがおこるとされており、それらの調整をおこなうことが必要になります。

当院での治療について

まず、既往歴や症状が生じてからの推移など詳しくヒアリングし検査をおこないます。問診や検査の結果から、あなたの身体の状態をわかりやすく説明させていただきます。検査の結果をもとに、あなたの状態に合わせた最適な治療プランを提案させていただきます。治療内容としては、体の歪み(特に頚椎)を整えて、自律神経系の調整をし、局所の血流改善をおこなっていきます。また、今後の再発予防のために、生活指導や食事指導などの多方面からのアドバイスもさせていただきます。