頸肩腕痛とは?

外傷を除き、日常生活や仕事のストレスによる局所の疲労や頚椎の加齢変性などによって、首肩まわりや背部に強いコリ感や痛みを生じます。また、腕や手指のしびれを伴うこともあり、進行すると力が入りにくいなど筋力が低下することもあります。稀に、頚椎周辺に重篤な疾患が存在する場合もこのような症状がでることがありますので、腕や手に違和感を感じた場合は早めに対策をとる必要があります。肺尖部腫瘍(パンコースト腫瘍)でも同様の症状がでることがあります。

頸肩腕痛の原因の分類
  • 頚椎アライメント異常や骨棘などの【】が原因となるもの
  • 椎間関節の変形や関節炎などの【関節】が原因となるもの
  • 頚椎椎間板ヘルニアなどの【椎間板】が原因となるもの
  • 脊髄、交感神経など【神経】が原因となるもの
  • 鎖骨下動脈、静脈など【血管】が原因となるもの
  • 首・肩・背部などの【筋肉・靭帯】が原因となるもの
頸肩腕痛をきたす主な疾患
頸肩腕痛の治療について

まず、既往歴や症状が生じてからの推移など詳しくヒアリングし、姿勢の異常や動作分析をおこないます。そして、圧痛部位や筋緊張などを触診し、頚椎の可動域や理学的な検査、神経学的な反射などの徒手検査をおこない、体の状態をわかりやすく説明させていただきます。(必要であれば医療機関での画像診断や臨床検査をすすめる場合もございます。)検査の結果をもとに、あなたの状態に合わせた最適な治療プランを提案させていただきます。また、今後の再発予防のために、姿勢指導や食事指導などの多方面からのアドバイスもさせていただきます。