足の冷えに効くツボ『三陰交』

京都はまだまだ朝晩が冷えて、温度の変化も激しいので体調が優れない人が多い時期です。

山科の疎水できれいな桜が咲くのはいつ頃でしょうね。

さて、今回は『足の冷えに効くツボ』をご紹介します。

  • 足先が冷たくてつらい
  • 足が冷たくて夜眠れない
  • 足が痺れるときがある

などなど、足の冷えからくる症状に悩まされてる方も多いと思います。

今回ご紹介するのは『三陰交』というツボで、

足の血行をよくして冷えを改善するのはもちろん、月経不順や月経痛、更年期障害(顔などのほてり)、頻尿、不眠、残尿感など多くの症状に効果的なツボです。

【ツボの探し方】
内くるぶしの中心から指の幅4本分上がったところで、骨(脛骨)の後ろのへりの部分にあります。

【ツボの押し方】
親指で少し強めに押してください。1回3秒で10回を1セット。これを1日に朝昼晩と3セットおこなってください。

足の冷えでお悩みの方は是非一度お試しください。

 

京都市山科区|永松整体

関連記事

  1. 慢性腰痛が治らない意外な原因

  2. 〇〇っていいんですか?

  3. 女性が気をつけなければいけない腰痛

  4. 特に何もしてません

  5. ヒポクラテスの言葉

  6. 冷えは万病のもと