〇〇っていいんですか?

〇〇っていいんですか?

これはよくいただく質問です。

例えば、マッサージっていいんですか?ヨガっていいんですか?鍼や整体、カイロっていいんですか?などなど

答えは、

わかりません

これは決して冷たく言っているわけではなくて、本当にわからないです。

なぜかというと、その人の身体に対して適切な〇〇がおこなわれないかぎり身体に良いことにはならないからです。

先日、肩こりと腰痛がひどいデスクワーカーの方がいらっしゃいました。(仮にAさんとします)

Aさんはあまりに肩こりがひどく慢性的な腰痛に苦しんでいたため、当院に来られる前は週に1、2回マッサージにいかれてました。マッサージを受けた直後は楽でもそのあとはすぐに元の状態にもどり、長期的にみても改善されてる気がしないとおっしゃっていました。このまま頻繁に通い続けると費用がかかり将来的にどうすればよいのか悩まれていました。

実際に触診をしてみると、腰の筋肉は柔らかくとても柔軟性があり、前屈をしても手がペタっと地面につくほどでした。

太ももの後ろ側の筋肉(ハムストリングス)も柔軟で可動域もしっかりしており問題がみられませんでした。

しかし、お腹側の筋肉や、太ももの前面の筋肉は柔軟性がなく、身体のバランスが崩れている状態のために腰に痛みを引き起こしていました。

マッサージでどんなことをされたかとお聞きすると、

「ずっと身体の後ろ側をマッサージされていました。こんなところ触られたのは初めてです。」

要するに、Aさんの身体に適したマッサージができていれば効果がでていた可能性はあります。これは施術者側の問題です。

多くのチェーン展開などのマッサージや経験の浅い施術者はマニュアルでおこなうため、身体の適切な判断ができていないケースが多いです。硬くなっているところをほぐさす、やらわかいところばかりをほぐしていれば身体は、悪化していくのでお金をドブに捨てているようなものです。

これは鍼も同様ですし、ヨガでも同じことがいえます。その人の身体に適したことをおこなうことができれば、身体にとってはプラスに働くでしょう。

よって「〇〇はっていいんですか?」という質問には答えることができないのです。

健康のためにいろいろ試してみたものの身体に変化が起こらない方は、身体に合っていないかもしれません。

この先何十年と健康で生きるために、一度ご自身の身体を知ってみるのはいかがでしょうか?

当院では検査やカウンセリング、運動分析によって、皆さまの身体の状態を確認し、今後のトレーニング指導や骨格矯正などをおこないます。

今後について少しでも不安のある方は、是非一度ご相談ください。

関連記事

  1. 昼食後眠たくなる人の特徴

  2. からだの歪みが病気につながる

  3. 肩こりの治し方

  4. 女性が気をつけなければいけない腰痛

  5. 細胞の適応力

  6. 睡眠時間について