膝が痛くなる原因

膝が変形することによって痛みを誘発する変形性膝関節症などの慢性症状は、膝が直接的な原因ではないのをご存知でしょうか?

膝が痛くなったとき、多くの人たちは膝に原因があると思って膝に湿布をはったり温めたり、電気をあてたり、さらには病院で注射をしています。

ではそもそもなぜ膝が変形するのか?

膝関節自体は曲げ伸ばしできるだけで、股関節や足首のようにグルグルと回すことはできません。

そこが一番の要因になります。

つまり、骨盤や股関節、足首などに歪みが生じると屈曲しかできない関節の膝に左右ねじれの力が加わります。

膝関節は左右ねじれに対応するために変形した結果、軟骨がすり減ったり、炎症を起こしたりします。

だから膝を治したい場合は、膝の変形をもたらしている原因を特定する必要があります。どれも簡単な検査でわかりますし、姿勢だけである程度わかります。

病院や接骨院などでいつまでも膝ばかりに電気治療や注射をして治らなく、膝が痛み続けて困りの方は是非一度当院へお越しください。

また、痛みなく歩けるお手伝いをさせていただきます。

関連記事

  1. 足の冷えに効くツボ『三陰交』

  2. 坐骨神経痛の治し方