ヒポクラテスの言葉

「汝の食物を汝の医薬とせよ、汝の医薬は汝の食物とせよ」

2000年以上前にギリシャの有名な医者だったヒポクラテスが唱えたもので、今でも真理だと言われている言葉です。

健康は食事からというのは多くの人たちが理解しています。親が子供に「野菜をしっかり食べなさい」ってのがまさにそれです。なんとなく野菜は健康に良いから食べなければいけないということを言われて育ってきたのでしょう。ただし、それだけではTVなどのメディアが、〇〇を食べると健康になります!っていう残念なレベルで終わってしまいます。

ここで大事なことは「栄養素を正しく配合しよう」ということです。

薬はしっかりと調合されてます。これができてなければ、目的の効果は得られません。食べ物も同じでうまくバランスがとれていなければ、TVで特集される〇〇みたいなものも身体にとって害になり得ます。

「食生活はどうですか?バランス良くとれていますか?」

という質問に対して、

「ちゃんと野菜を摂っていますよ」

という回答ではなく、

そういえば、最近ビタミンB6があまり摂取できてなかったかもしれないですね

くらいの認識度まで多くの人がなるといいなと個人的には思います。

スポーツをしてる子供を育てている親御さんは特にですが、この栄養素の配合ができなければケガの多い選手になってしまい、子供の頑張りや将来を潰してしまいます。

これからでも覚えていこうという人のために、今後簡単にまとめたものをご紹介していこうと思います。食物に何の栄養素が含まれているのかをまず覚えて、その後食べ合わせや、栄養素を効率良く摂取する調理の仕方などを予定しています。

そして、マグネシウムひとつとっても、さらに分類され吸収率や身体の作用が食物によって異なるというレベルまでを一般的な人を対象にした目標としてわかりやすく書いていこうと思います。

私自身、栄養素をしっかり学んでいればしなくてもいいケガがありました。私たちの身体は毎日の食事でつくられているため栄養がおろそかになると、たちまちコンディションが悪くなります。またまだいろんなことにチャレンジするために、今後の後悔がないように学んだきたことを少しでもお伝えできればなと思います。

関連記事

  1. 正座は身体に良くありません

  2. 腰痛に即効性のある3つの最強ツボ

  3. 冷えは万病のもと

  4. 寝返りが体を整える

  5. 足の冷えに効くツボ『三陰交』

  6. 小さな選択の積み重ね