このような症状でお困りの方

  • 自動車の追突事故で首を痛めた
  • スポーツで頭部に強い衝撃があり、首を痛めた
  • その後、手指のしびれや頭痛、めまい、吐き気などがでてきた

このような症状がある場合、あなたは「頚椎捻挫(外傷性頸部症候群)」の可能性があります。
※「むち打ち」は俗称で医学的病名ではありません。

頚椎捻挫とは?

交通事故などでの衝撃による頚椎の過伸展や過屈曲が原因で、頸部の筋肉や靭帯などの損傷により起こるものとされています。頚椎捻挫は頭部、頸部、胸部、上背部など広範囲に痛みを起こすだけではなく、手指の痺れや、疼き、むくみ、頸部の可動域制限、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴りなどを引き起こす場合があり、適切な治療をおこなわなければ数ヶ月〜数年と症状が続くことがあります。一般的に画像検査での異常はありませんが、外傷により脳脊髄液が漏れて、脳脊髄液量や髄液圧が低下することにより、頭痛やめまいが、耳鳴りが起こる脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)との関連も考えれられています。

頚椎捻挫の治療について

頚椎捻挫の主な損傷原因となる筋肉は首の前側にある胸鎖乳突筋と斜角筋です。その他にも、僧帽筋、肩甲挙筋、大胸筋、顎関節筋、脊柱筋群、などの筋が影響を及ぼす可能性があります。また椎骨と椎骨をつなぐ椎間関節の障害も大きな要因のひとつです。受傷直後の注意点として、頚椎捻挫の直後は筋肉が過敏となるため揉みほぐすなどの過度の刺激は絶対に避けてください。当院では、検査をおこない、何が症状の原因かを特定し、施術をおこなっていきます。症状のある部位ではない経穴(ツボ)をつかう(遠隔操作)ことにうより刺激量を調整しながらおこなっていきますので受傷後間もないの方でも施術を受けていただけますので、お困りの方は一度ご相談ください。