このような症状でお困りの方

  • 月経直前または月経開始とともに症状が生じる
  • 下腹部痛、腹部の膨満感がある
  • 腰痛や頭痛、吐き気などが強く生じる
  • 手足が冷たくなる

月経困難症とは?

月経に伴って起こる様々な症状で、日常生活に支障をきたすものを月経困難症といいます。月経の直前や開始とともに症状があらわれ、月経が終わる頃に症状もなくなります。発作的に下腹や腰部に疼痛が起き、重症の場合は顔面蒼白、冷や汗、全身倦怠感、手足の冷え、めまい、失神などが起こる場合があります。月経困難症をきたす女性は、子宮内膜より産生されるプロスタグランジンが多いことが報告されており、多く分泌されたプロスタグランジンが子宮筋を過度に収縮させ、血管の痙縮や子宮筋の虚血状態などが原因で症状が引き起こされると考えられています。

月経困難症の分類

月経困難症は、機能性と器質性に分類されます。

機能性月経困難症 10代後半から20代に多く排卵性の月経に伴って起こる。月経の1、2日目に症状が強くなりやすく、その後すぐ軽減する。特に原因となる疾患がなく、子宮頸管が狭いことが原因とされており、出産を経験すると症状が改善することが多い。
器質性月経困難症 30代以降に多く、無排卵性の月経でも症状が起こる。子宮内膜症や子宮筋腫などが原因となって起こり、月経4〜5日前から月経後まで持続性の鈍痛が続くことが多い。

月経困難症の治療について

続発性か器質性かによって施術内容が異なるため、当院での治療を受けられる前に専門医での検査をお願いしております。
月経困難症は古くから鍼灸治療による改善例は多く報告されており、多くの治療データがある疾患です。骨盤内の血流を変化させることによって疼痛などの様々な症状を改善していきます。また、全身治療をおこなうことによって身体の根本的なアプローチをおこない体質改善をはかっていきます。当院での治療をご希望の方は気軽にご相談ください。