ばね指(弾発指)とは?

ばね指とは、腱鞘炎により腱鞘(腱を包む袋状の膜で腱の滑動を円滑にする)が肥厚するため、指の屈伸運動がなめらかに行えない状態をいいます。主に母指と中指の付け根に好発し、日常的に手指をよく使う仕事や趣味をおこなう人によく起こります。特に更年期の女性に多く、妊娠・出産期の女性にも起こるために女性ホルモンの関与が考えられる疾患です。また糖尿病、関節リウマチ、透析治療中(腱にアミロイド沈着が起こる)の人にもばね指を併発することがあり、この場合は複数の指で生じることもあります。

このような症状でお悩みの方

  • 指の付け根が痛く、腫れや熱感がある
  • 患指を屈伸させると、バネのように動く
  • 起床時に症状が強く、動かすうちに症状が軽減することがある

このような症状がある場合、あなたは「ばね指(弾発指)」の可能性があります。

ばね指(弾発指)の治療

当院に来院される方の多くはバネ指と病院で診断を受け、このまま改善されず悪化するならば手術をするか選択をしなければいけない状況で来院されます。実際にこのような患者様でも、腫れや痛み、弾発現象がなくなり、症状を忘れるまでに改善される方がいらっしゃいます。ですので、手術をお悩みの方は一度当院へご相談ください。というのも、ばね指の原因は指だけではありません。実は指以外のところに根本的な原因が隠れています。手術をおこなっても根本的な原因が解決できなければ、再発します。病院では症状のある指しかみないため本当の原因にアプローチできていません。当院では患部の治療と同時に、指以外の部位(頚椎のねじれなど)にある根本的原因を治療することで改善をおこなっていきます。

 

ドゥケルヴァンバン病はこちら